エンジニアのモチベーションアップの方法

IT業界のエンジニアが仕事のモチベーションを高めるには、ユーザーからのフィードバックが大きな効果がある。自分が何かしらの形で関わったシステムが、実際にユーザーの役に立てていると知れば、大きな喜びを感じられるのだ。また、次の仕事の活力にもつながるだろう。時には厳しい意見もあるかもしれないが、その悔しさをバネにもできる。ユーザーからのフィードバックは、自社で定期的にアンケートを行っている場合、それを参照するのが手っ取り早い。開発しているサービスがBtoCのサービスなら、インターネットの口コミサイトで評判を聞くことも容易だ。可能であれば、営業がユーザーと実際に会議する場に同席するのもいいだろう。ユーザーの口から、直接フィードバックをもらえると信憑性がある。同時に、営業から見れば技術に詳しい人が同席するのは心強く、互いにメリットが生まれるのだ。

そして、エンジニアが集う交流会や勉強会に参加するのも様々な刺激を得やすく、モチベーションアップに効果がある。企業の公式SNSで、フランクに参加を呼び掛けるケースも増えており、参加のハードルが低くなっているのもありがたい。自分とは異なる環境で働くエンジニアが、どんなスキルを持ち、どんなキャリアを目指しているか知ることは貴重な糧となるだろう。そのほかにも、モチベーションアップの方法は様々ある。詳細はこちらに書かれているので、モチベーションが下がっていると感じたら参考にしてみるといい。