仕事の集中力を高めたいなら刺激に注意

IT業界で働くエンジニアの仕事は、パソコンに向かって一人で作業することも多い。そのため、いかに仕事に対して集中するかが大切になってくる。もしも集中力を高めることが難しい場合には、周りから受ける刺激を減らすことを考えよう。余計な刺激が多ければ多いほど、集中力を高めることが困難になるのだ。まず、ほかの人の話し声やキーボードを打つ音などが気になるなら、耳栓やノイズキャンセラーつきのイヤホンなどを用いて、周囲の音をしっかりと遮断しよう。完全な無音は難しいが、何も対策しないよりはずっと小さな音に抑えられる。音楽を聴いてもいい状況にある仕事なら、ヘッドホンを活用してみるのもいいだろう。音楽は周囲の音を掻き消してくれるのはもちろん、お気に入りの楽曲を聴くことで、集中力アップを期待できる。

そして、人の動きが気になって目で追ってしまい、集中できないケースが多い場合には、遮蔽物を用意しよう。例えば、パーティションを設置して作業スペースをすべて覆えば、余計なものは目に入らずに済む。それが難しい時は、パソコンのモニターの左右と後ろに自立式のパネルを設置すれば、見るべきところだけに目線を集中させることも可能だ。そのほか、ニオイや気温など、集中力アップの邪魔になる要因はいくつもあるので、気になるならそれぞれの対策を考えよう。一度集中力が切れてしまうと、もう一度集中することが難しい場合もあるため、できるだけ長く継続させる対策はとても大切だ。